Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2015年前期 第13節 関連記事-2

f:id:ClaudioSuarez:20151013015821j:plain

PUMASはリベルタドーレス杯に復帰しようとしている;ダビッド・カブレラ

 

 「僕らにとってクラブ・レオンと対戦するにあたって重要なことはプレーオフに進出しようとし続けることと、第2の目的としてリベルタドーレス杯に復帰することだ。このトーナメントはアメリカ大陸で最も重要なものであって、我々やチームにとっても同様であるからだ。」と、ダビッド・カブレラはオリンピック・スタジアムで行われた記者会見で語った。

 

 2015年メキシコリーグ前期における首位と第2位のチームで、現在北中米カリブ海地域のチャンピオンズリーグに参加していないチームは、南米クラブの主要トーナメントである次期リベルタドーレス杯への参加出場権が与えられる。

 

 右鎖骨骨折から回復したミッドフィールダーの首位決戦である、対クラブ・レオン戦についてのコメントはさらに続いた。「首位争いは特に狙っていないんだ。そうではなくて、狙っているのはプレーオフ進出の椅子であり同時にリベルタドーレス杯への参加出場権なんだ。2015年メキシコリーグ前期全体の首位はクラブ・レオンであり、その次が僕らなんだ。僕らの戦いはプレーオフ同様のものであって、そうやってクラブ・レオンと対峙するんだ。彼らがホームゲームに強いことは承知の上で、今シーズンを締め括る最も重要な試合で良い結果を出そうと思っている。」

 

 今週のリーグ戦ブレイクについて、こう言った。「それは行われているすべてのものを再考して、スムーズに実行し続けるために重要だ。トーナメントの最も複雑な試合が続くから、僕らは勝ち続けて勝ち点を最大まで積み重ねたいんだ。」

 

 メキシコ代新監督への就任が噂される、ファンカルロス・オソリオについてこう言った。「彼の事を知らないけど、彼にとってまたメキシコにとって幸運を祈っているよ。前回のW杯ではPUMASの選手は良いプレーが出来ていなかったから代表に召集されなかったけれど、当時と状況は変わっているし僕らは引き続きプレーをしているんだ。僕らはこのまま続けていれば合、遅かれ早かれ代表に召集されるだろうと認識しているんだ。」

 

 そして、怪我を治療してチームへ復帰したことについて言った。「それは困難だったけれど、こうしてチームへ戻れて僕は満足しているよ。シーズンの最後に試合に出れて、より良い状態で自分にチャンスが巡ってくることを願っているよ。復帰して、レギュラーポジションを争うことにもの凄く力が漲っているんだ。

 

 最後に、PUMASが最高の攻撃陣と第2位の守備陣を持つ規則性を強調した。「重要なことは、これを維持することと僕らがまだ足りないものがあることを認識することだ。このまま引き続き、これを継続してプレーレベルを維持していくんだ。対チバス戦ではパフォーマンスに満足していないかったけれど、結果は得ることが出来た。僕らは、プレーオフ進出そして勝ち抜くための物事を整理し直す必要があるんだ。」と締め括った。