読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2017年後期 第3節 León 0-1 UNAM

f:id:ClaudioSuarez:20170123114507j:plain

 

PUMASがヘスス・ガジャルドのロスタイムの得点で勝利する

 

f:id:ClaudioSuarez:20170123114536j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123114547j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123114600j:plain

 

PUMASのサイドバックが2017年後期ステージ第3節の対クラブ・レオン戦でロスタイムの得点し、勝ち点3を挙げた。レオンにおけるアウェイゲームで、ロスタイムに下部組織出身選手であるヘスス・ガジャルドの得点のおかげで1-0と勝利した。

 

2017年後期ステージ第3節この試合のロスタイム、ヘスス・ガジャルドが後半48分にゴールを決めた瞬間エスタディオ・ノウ・カンプは静まり返った。この結果PUMASはこのトーナメントで勝ち点6を挙げ、対するクラブ・レオンは勝ち点3のままとなりサポーターの前でグレーのイメージを残した。

 

PUMASの監督:ファン・フランシスコ・パレンシアは、彼のチームがどんなピッチやコンディションでも結果を出せるということを告げ、対するクラブ・レオンの監督:ハヴィエル・トレンテは彼のチームが改善しなければならないことをサポーターに対して告げた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170123114740j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123114640j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123114651j:plain

 

前半からPUMASは監督が述べた通りのプレーを見せ、ボール支配や相手キーパー:ウィリアム・ヤルブロにダメージを与える様々な攻撃を仕掛けたが、得点を挙げるまでには至らなかった。PUMASの攻撃はDFに至るまで輝きを見せ2度もチャンスを作り出し、1度目はアラン・メンドーサがペナルティエリア左外中央からのロングシュートと2度目はヘラルド・アルコバがもう少しで得点と言うヘディングであった。

 

 

サイド・バック:ケヴィン・エスカミージャがニコラス・カスティージョの退場処分による欠場によってスタメン出場したので、ハヴィエル・コルテスはより攻撃的にプレーをし、あと少しでゴールラインを割ろうかというところまでいったが惜しくもイグナシオ・ゴンザレスに阻まれた。

 

試合における最大のチャンスを潰したPUMASは、クラブ・レオンの反撃に遭いあわやゴールというシーンを作り出させることを許した。しかしながら、カルロス“グリット”ペーニャは2度にわたるアレハンドロ・パラシオスとの1対1というチャンスを潰し、サポーターの罵声を浴びた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170123115234j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123115147j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123114846j:plain

 

後半に入ってもクラブ・レオンの攻撃は改善されることなく、確かにディフェンスラインと中盤におけるPUMASの攻撃の芽は摘んだので、キーパー:ウィリアム・ヤルブロはロスタイムにおけるプレーを除いては前半よりもリラックス出来た。

 


ホームチームは攻撃する試合をしなくなったのに対してサポーターがそれを後押しする応援をしたので、それがキーパー:アレハンドロ・パラシオスを心配させることとなった。チーム得点王:マウロ・ボセリは彼らのヒーローとなれるところであったが、パラシオスの制した1対1に敗北し、チームメイト:ルイス・モンテスのカウンター気味のシュートをも塞いでしまう有り様であった。さらにその後、中央からギジェルモ・エニオ・ブルディッソがヘディングしたがゴールポスト直撃となり、この夜クラブ・レオンのゴールは生まれないように見えた。

 

 

f:id:ClaudioSuarez:20170123114828j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123115301j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123115357j:plain

 

しかしながらPUMASは、最後の土壇場で勝利を挙げた。チリ人:ブライアン・ラベージョが左サイドから駆け上がって相手ペナルティエリアにセンタリングを上げ、ヘスス・ガジャルドが左足でこれをゴール右奥へ押し込み1-0とした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170123115435j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123115422j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123115451j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123115503j:plain


このようにしてPUMASは試合における大半の時間押していたにもかかわらず、相手チームとは対照的に戦いに敗れるかと見えたが最後に勝利を収めた。クラブ・レオンは、ホームでよりリアクションをすべきであるが故に心配の種が残った。

 

スタメン:

 

クラブ・レオン:25-ウィリアム・ヤルブロ、3-ギジェルモ・ブルディッソ、5-フェルナンド・ナヴァーロ、24-オスバルド・ロドリゲス、35-イグナシオ・ゴンザレス、10-レイス・モンテス、11-アンドレス・アンドラーデ、20-レオネル・ロペス、26-クリスティアン・ヴァルデス、27-カルロス・ペーニャ(後半22分、8-エリアス・エルナンデス)、17-マウロ・ボセリ、監督:ハヴィエル・トレンテ

 

PUMAS:1-アレハンドロ・パラシオス、2-ホセカルロス・ヴァンランキン、3-ヘラルド・アルコバ、4-ダリオ・ヴェロン、5-アラン・メンドーサ、6-ケヴィン・エスカミージャ(後半15分、20-マティアス・ブリトス)、7-ハヴィエル・コルテス、8-パブロ・バレラ(後半38分、24-サンティアゴ・パラシオス)、10-アブラハム・ゴンザレス、17-ヘスス・ガジャルド、11-ブライアン・ラベージョ、監督:ファン・フランシスコ・パレンシア

 

f:id:ClaudioSuarez:20170123115557j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170123115607j:plain

 

 

主審:ホルヘ・イサック・ロハス、副審:アレハンドロ・アジャラ、ハヴィエル・サンタクルス、第4審:サウル・フェルナンド・オロスコ

 

警告:

クラブ・レオン 前半45分フェルナンド・ナヴァーロ、後半33分アンドレス・アンドラーデ

 

PUMAS 前半13分ヘラルド・アルコバ、45分アレハンドロ・パラシオス、後半33分ホセカルロス・ヴァンランキン、42分ヘスス・ガジャルド