Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2018年前期 第8節 裏話

 

f:id:ClaudioSuarez:20180831064344j:plain

 

ダヴィッド・パティーニョ監督は、PUMASの危機を否定

 

ここ直近6試合未勝利という結果について、ダヴィッド・パティーニョ監督はまだリギージャ(プレーオフ)進出圏内であるということ。またカップ戦は、残りの最終戦を勝利すれば決勝トーナメントに進出出来るので、チームが危機に陥っていることを否定しました。

「チームは落とし穴に陥っている。勝てないのはいくつかの要因があって、最も重要なものは負傷者たちがプレーをすることが出来ないことだが、そういう言い訳はしない。週末の試合には、勝たなければならない。」と言った。

 

 

彼は、ハイメ・ロサノが指揮を執るというやり取りをした後に、首脳陣がすでに代わりの監督として考えているという噂を気にしていません。

 

f:id:ClaudioSuarez:20180831064621j:plain

 

誰もPUMASを救わない

 

PUMASユース監督であるレアンドロ・アウグストにとって、6試合未勝利というチームが嵌っている落とし穴は、すべての人々の責任であるということです。

「責任は、コーチ陣、選手たち全員が負わなければならない。最終的にはトーナメント開幕のためにハードワークした時から形成された、全員が1つのグループなんだ。僕らは、コーチ陣と選手たちを信じているよ。」と言った。

 

首脳陣はトーナメントにおけるネガティブな結果に対して、ダヴィッド・パティーニョ監督の最後通告のためのカウントダウンを拒否しました。土曜日の対クラブ・レオン戦で、その悪循環が終わると信じています。

「私は、常に物事をポジティブに考えるんだ。アグアスカリエンテスにおける対クルブ・ネカクサ戦で選手たちは「この落とし穴から抜け出すんだ」という姿勢を示したし、土曜日には対クラブ・レオン戦できっと素晴らしい試合が出来ると思っている。」