読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2017年後期 第7節 UNAM 3-3 Tijuana

 

f:id:ClaudioSuarez:20170220184157j:plain

 

オリンピック・スタジアムで対クラブ・ティファナ戦で、PUMASが先制されたもののドローに持ち込む

 

f:id:ClaudioSuarez:20170220184215j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220184226j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220184240j:plain

 

一時3点差を付けられたものの、ロスタイム寸前にPUMASがクラブ・ティファナに対してニコラス・カスティージョの2得点とパブロ・バレラのPKで追い付く

 

f:id:ClaudioSuarez:20170220184252j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220184303j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220184312j:plain

 

時にPUMASにとって最も難しいシナリオとなるような、例えばこの日曜日と似たようなムードが変わる日がある。クラブ・ティファナに対してほとんど満足の出来ない攻撃と3点ビハインドでも諦めなかった結果、ニコラス・カスティージョの2得点とパブロ・バレラのPKのおかげで追い付いたのである。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170220185419j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220190721j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220190754j:plain

 

PUMASは試合序盤で高いプレッシャーを掛け、ライバルからボールを奪って中盤から前線に向かってそのボールを集めた。パレンシア監督が敷いた4-3-3のフォーメーションによってより攻撃的にサイドから攻め、シュートまで持っていった。最初のチャンスは12分、ブライアン・ラベージョが敵ペナルティエリア内で放ったパワーと方向性を欠いたシュートであった。

 

前節退場処分により出場停止となったヘスス・ガジャルドの穴を、パレンシア監督はそのポジションにブライアン・ラベージョを配置。パブロ・バレラのようにうまく開いて彼の逆サイドを、クラブ・ティファナの陣内を容易に突破した。事実前半20分、クロスバーをかすめて外れたクロスシュートでマヌエル・ヒブラン・ラフをかき乱し、プレッシャーを掛けていた。

 

クラブ・ティファナが攻撃をほとんどしていなかったが、ダリオ・ヴェロンがキーパー:アレハンドロ・パラシオスに対して誤ったバックパスをした前半23分、ピコリンが彼の守備範囲から出るか留まるか迷った際にボールはアビレス・ウルタードの足元に収まり、ハイボールでそれを嘲笑うかのように得点し、オリンピック・スタジアムは一瞬にして静まり返った。鉄壁であるはずの守備陣は、瞬間的な欠点を引き起こしてしまった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170220190327j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220190354j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220190418j:plain

 

PUMASは再びボールを支配し後方から中盤に向かって優れたロングパスを試み、36分アブラハム・ゴンザレスはマヌエル・ヒブラン・ラフとの1対1からほとんどフリーになっていたブライアン・ラベージョにあとほんの僅かな距離をパス出来ず、追い付く可能性を失った。

 

後半に入っても前半にも増してラストタッチのミスで、PUMASはまるで10人で戦っているかのような感じであった。というのもペナルティーエリア内で張っているニコラス・カスティージョに依存した単調なセンタリングを繰り返し、PUMASは前線にチャンスを作るまでに守備に専念する時間を失いつつあった。見かねた監督はケヴィン・エスカミージャに代えて、マティアス・ブリトスを投入した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170220190242j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220190144j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220185957j:plain

 

拍手によって迎えられたブリトスは、すぐさまチームの状況を変えた。PUMASは戦う精神を取り戻し、新たに敵陣内へ侵入しプレッシャーを掛けた。フォーメーションを4-4-2に変更し、ブリトスは中盤と前線の機能を繋ぎ合わせるかのような動きをした。そして最高の状況にしたかのように見えたものの、より複雑なものが近付きつつあった。

 

クラブ・ティファナは散発的な攻撃しか繰り返していなかったが、引導を渡すという意味ではPUMASに対して容赦しなかった。後半17分再びPUMAS守備陣が気を抜いた瞬間に、ビクトル・マルコーラが中盤からミドルシュートで0-2とした。前半とは打って変わって、クラブ・ティファナはアドバンテージがないかのように反撃を許さず前線へ攻撃するようになった。

 

そして後半24分、2得点目と同じようなプレーでギド・ロドリゲスが中盤でボールを奪って、ペナルティーエリア付近まで持ち込みアレハンドロ・パラシオスを弾き飛ばすようなパワフルなシュートで0-3とした。それまでと最も顕著であった違いは観衆の沈黙がブーイングとなり、スタジアムはホームゲームで最も相応しい敗戦の仕方を要求した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170220185916j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220185926j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170220185943j:plain

 

クラブ・ティファナによって計75分間でされたことを、PUMASは15分間で仕返しをした。なぜならばPUMASは観衆の批判を辞めさせ、残された僅かな時間で3点を返しドローに持ち込み、勝ち点までもぎ取ったのだ。ニコラス・カスティージョの2得点とパブロ・バレラのPKのおかげで追い付いたのである。瞬時にPUMASはビハインドを取り戻し、暗くなっていた正午キックオフのゲームを抑えの利かない喜びに変えたのであった。

 

スタメン:

 

PUMAS:1-アレハンドロ・パラシオス、2-ホセカルロス・ヴァンランキン、3-ヘラルド・アルコバ、4-ダリオ・ヴェロン、5-アラン・メンドーサ、6-ケヴィン・エスカミージャ(後半7分、20-マティアス・ブリトス)、8-パブロ・バレラ、11-ブライアン・ラベージョ、7-ハヴィエル・コルテス、30-ニコラス・カスティージョ、監督:ファン・フランシスコ・パレンシア

 

f:id:ClaudioSuarez:20170220190438j:plain

 

クラブ・ティファナ:25-マヌエル・ラフ、22-ファン・カルロス・ヌニェス、6-ファン・カルロス・バレンスエラ、19-ビクトル・アギレラ、15-ダミアン・ペレス、8-ジョー・コロナ(後半37分、32-ホルヘ・オルティス)、5-ギド・ロドリゲス、20-ポール・アリオラ、10-ビクトル・マルコーラ(後半42分、7-ファン・ルセロ)、9-ミルトン・カラグリオ(後半43分、11-ヘンリ・マルティン)、18-アビレス・ウルタード、監督:ミゲル・エレラ

 

主審;マルコ・アントニオ・オルティス・ナヴァ、副審:ジミー・アコスタ、マイテ・イヴォンヌ・チャベス、第4審:ブライアン・オマール・ゴンザレス

 

警告:


PUMAS 後半24分 ブライアン・ラベージョ、32分 ハヴィエル・コルテス


クラブ・ティファナ 前半37分 ファン・カルロス・バレンスエラ

 

 

ニコラス・カスティージョ:僕らのサポーターによる応援によって、良い結果が収められる

 

f:id:ClaudioSuarez:20170218180028j:plain

 

「対クラブ・ティファナ戦では、ホームにおける有利な成績を維持したいね。僕らのサポーターによる応援によって、はるかに有利になるだろう。彼らは試合で不利な瞬間に、その性格を表すからね。対クルブ・ネカクサ戦でそうだった(前半いきなり先制点を失った)ように、後半に僕らは結果を得られたんだ。」と、オリンピック・スタジアムにおける金曜日のトレーニング後に彼は語った。

 

PUMASがリーディングボード上位に戻る可能性は潜在的にあるが、彼は勝ち点3を獲得するのに有利な要素があると述べた。「日曜日の試合は成長し続けるため、対クラブ・ティファナという今後前へ進んで行くためにバロメーターになり得るようなライバルと対戦して自信を回復するために重要になるだろうね。」と、強調した。

 

 

そして目標を達成するために、クラブ・ティファナに対して出来る限り勝ちに行くためにチームの準備はとてもうまく行っているようだ。「彼らは、FW陣を使ってダイレクトな攻撃を仕掛けてくる。僕らは自身を信じ続けて、今まで通りボールを支配し良いサッカーをするんだ。」と、説明した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170218180200j:plain


PUMASは、規律正しく真剣なチームだ


メキシコサッカー1部リーグにうまく順応出来ることと同じように、得点をたくさん挙げて感動を与えることで期待に応えたいというPUMASのチリ人サッカー選手:ニコラス・カスティージョは、規律正しく真剣なチームの一員となれて幸せであると語った。

 

「PUMASというチームの中にいて、僕は非常に規律正しく真剣なチームだと気付いたんだ。クラブのメディアは重要であって、それをコントロールしなければならない。最初の2週間はメキシコシティの高地にあることに慣れるのに苦労したけど、そこから先はリーグはとても気に入ったしほんの少しのネガティブなことはあるけれど、それは僕自身の中にしまっておくよ。」と、記者会見で明らかにした。

 

「FWにとって得点シーンを得られないことは複雑なことだけれど、CFパチューカやCFモンテレイのような中盤を制することが出来た2チームとプレーをしたんだ。日曜日は改善したいと考えているよ。」と、付け加えた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170218180241j:plain


メキシコリーグとCONCACAFチャンピオンズリーグの両方で戦う


チリ人ストライカーは、2017年後期ステージでPUMASが規則性を維持し国際トーナメントで前進することに自信を持っている。PUMASにとって遮るものはなく、メキシコリーグとCONCACAFチャンピオンズリーグを継ぎ合わせるものもなく、少なくともこの日曜日にオリンピック・スタジアムを訪れるクラブ・ティファナのようなライバルに対して良い結果を待っていると、ニコラス・カスティージョは考えている。

 

「ここに、プレッシャーはないよ。PUMASは偉大なクラブであって、僕らはその一部なんだ。チームの陣容は、メキシコリーグとCONCACAFチャンピオンズリーグの両方を戦えるよ。今度の日曜日は重要なライバルと対戦するけれど、対クラブ・ティファナ戦の勝利以外の結果は有り得ないね。」と、記者会見で言った。

 

フランシスコ・パレンシアのプレーシステムについて、彼はゴール前のオプションが増えると考えていて、対クラブ・ティファナ戦でそのチャンスを活かそうとしている。「チームにとって監督のやり方は僕に大変役立っていて、彼のスキームに包み込まれている気がするんだ。メキシコには馴染んだし、チームにおける問題はとても早く適応出来たからね。」

 

そしてこの夏コンフェデ杯に出場するメキシコ代表と自国チリ代表のために負うことになるアクティビティに加えて彼がその一助になるという欲望を表現するのに、PUMASの数選手がメキシコ代表に召集されるのを見たいとコメントした。「どんな選手にとっても、自国代表に召集されることは重要なんだ。パブロ・バレーラが召集されるように、また同じように他のチームメイトが召集されるように願っている。」

 

アントニオ・ガルシアは、ホームで強くあり続けるために対クラブ・ティファナ戦にサポーターへチームを応援するよう招く

 

f:id:ClaudioSuarez:20170216193918j:plain

 

「僕らは、ホームで強くなければならない。順位表上位で戦っている、とても強いライバルがやってくる。チームの自信のために重要なことは、勝ち点3を再び挙げることさ。そして、もっと良い結果が付いてくるためにトレーニングし続けることもね。この日曜日に僕らを応援しに来てくれるよう、サポーターのみんなを誘うよ。」

 

と、PUMASの下部組織出身選手であるアントニオ・ガルシアは、大学都市の第2グラウンドにおけるトレーニング後に語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170216193949j:plain

 

彼は相手チームの陣容から見て対クラブ・ティファナ戦は難しい試合になるが、チームにおけるハードワークが勝利を掴むための基盤となるだろうと見ている。

 

「普通オリンピック・スタジアムで僕らを倒そうと来るんだ。良い試合になるために、対クラブ・ティファナ戦はそうならないといいね。彼らの攻撃に対抗するには、きちんとブロックを組んでお互いがサポートし合わなければならないんだ。それが僕らが良い結果を出すために役立つよ。」と、説明した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170216194007j:plain

 

そのハードワークの方法が、リーグの主役に戻るためにPUMASが賭けている経験と若さという計算式のあるトレーニングに反映されると述べた。

 

「監督は、それを強調しているよ。複数のオプションを持つため、また若手選手たちにチャンスを与えるためにレギュラーであろうがサブであろうが、ハードトレーニングをしているんだ。」と、言った。

 

 

アブラハム・ゴンザレス:PUMASサポーターは、勝利の切符を取り戻すモチベーションをくれる

f:id:ClaudioSuarez:20170215231319j:plain

 

「PUMASのサポーターは、僕を驚かせないよ。良い時も悪い時も常に僕らを勇気付け、本当にとても感謝しているんだ。僕らのサポーターは、僕らに勝利の切符を取り戻すモチベーションをくれるよ。」と、この火曜日にアブラハム・ゴンザレスは大学都市の第2グラウンドで行なわれたトレーニング後に語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170215213941j:plain

 

スペイン人のサッカー選手は、もうすでに先週末モンテレイで起きたことは過去のこととして、オリンピック・スタジアムでクラブ・ティファナを制するためにプレッシャーを掛けることが基本だと述べた。

 

「ホームで僕らが強いのは分かっているし、チームは間違いなくリカバリーするよ。サッカーの良いところは毎週チャンスがあることで、それが今度の日曜日だと思うんだ。僕らのサポーターの目の前で、勝って再び上位に返り咲くさ。」と、強調した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170215213953j:plain

 

彼はクラブ・ティファナを叩くことは困難であるとした上で、良いサッカーをして素晴らしい姿勢で戦えば勝ち点3を挙げられることが出来るだろうと考えている。

 

「今までになく、ファイティングスピリッツを欠いてはならないね。良いボールポゼッションを支配することが鍵になるだろう。それをすることは分かっていて、今まで示してきたんだ。今まで通りにやれば、問題は無いんだ。」と、説明した。

  

 

メキシコリーグ2017年後期 第6節 Monterrey 2-0 UNAM

f:id:ClaudioSuarez:20170214010000j:plain

 

ドルラン・パボンの2得点で、CFモンテレイがPUMASを制する

 

f:id:ClaudioSuarez:20170213190503j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170213190536j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170213190544j:plain


CFモンテレイはPUMASに2-0で破り、ドルラン・パボンの2得点という活躍により2007年後期ステージから続く対PUMAS戦のホーム無敗を維持した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170213190915j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170213190922j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170213191005j:plain

 

CFモンテレイがホームの利を活かし、ドルラン・パボン二度にわたる決定機を逃したものの、後半28分コロンビア人同士のコンビネーションによりジミ・チャラがヘディングで落としたボールを右足で決め先制した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170213191100j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170213191135j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170213191158j:plain

 

その後もCFモンテレイは圧倒し続け、37分にはエクアドル人ワルテル・アジョビのパスをペナルティエリアの外から右足で決め、2得点目を挙げた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170213191247j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170213191300j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170213191324j:plain

 

CFモンテレイはこの勝利で6戦2勝4分けで勝ち点10となり順位表第5位まで浮上、PUMASは同じく勝ち点10であるが得失点差で第7位となった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170213191350j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170213191358j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170213191407j:plain


「両チームとも押して行ったが、我々の方が多くの不正確さを持っていた。相手はボールをよくカバーし2得点ともカウンターで挙げた。良い試合をしたね。」と、PUMASの監督:ファン・フランシスコ・パレンシアは試合後に語った。


スタメン:

CFモンテレイ:1-ウーゴ・ゴンサレス、4-イバン・ピリス、3-セサル・モンテス、25-ニコラス・サンチェス、18-ルイス・フェルナンド・フエンテス、21-ヘスス・モリナ、6-エフライン・フアレス(後半17分、23-ジミ・チャラ)、16-セルソ・オルティス、10-エドウィン・カルドナ(後半31分、20-ワルテル・アジョビ)、8-ドルラン・パボン(後半39分、14-アルトゥーロ・ゴンザレス)、7- ロヘリオ・フネス・モリ、監督:アントニオ・モハメド


PUMAS:13-アルフレード・サルディバル、2-ホセ・カルロス・ヴァン・ランキン(後半25分、20-マティアス・ブリトス)、3-ヘラルド・アルコバ、4-ダリオ・ヴェロン、5-アラン・メンドーサ(後半27分、89-パブロ・ハケス)、7-ハヴィエル・コルテス、10-アブラアム・ゴンサレス、8-パブロ・バレーラ、17-ヘスス・ガジャルド、11-ブライアン・ラベージョ(後半42分、15-エリック・ヴェラ)、30-ニコラス・カスティージョ、監督:ファン・フランシスコ・パレンシア


主審:ホセ・アルフレッド・ペニャロサ・ソト、副審:アルベルト・モリン、ホルヘ・ヘラルド・ダヴィラ、第4審:レオン・ヴィンセンテ・バラハス

 

警告:

CFモンテレイ 後半5分 ロヘリオ・フネス・モリ、28分 ドルラン・パボン,
39分 ウーゴ・ゴンサレス

PUMAS 前半31分 ヘラルド・アルコバ、後半28分 アラン・メンドーサ

 

退場:

PUMAS 後半40分 ヘスス・ガジャルド

 

ヴェロンは、もう1度タイトルを獲ってPUMASを引退したい

f:id:ClaudioSuarez:20170210145838j:plain

 

PUMASの主将:ダリオ・ヴェロンは彼のサッカー選手キャリアが終焉に差し掛かっていることを分かっていて、すでに4度のリーグ王者を獲っているPUMASでもう一度その美酒を味わいたいと願っている。

 

「僕自身のキャリアをとても満喫していて、このまま続けたいんだ。引退する前にもう1度リーグ優勝出来たらいいね。いつもサッカーをすることを気に入っていて、今はより楽しんでいて、リラックスしていて、その終焉を意識しているよ。良いことだけを若手選手たちに要求しているんだ。悪いことは抜きにしてね。」と、記者会見で語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170210150428j:plain

 

ベテラン選手たちが示している仕事ぶりとレベルは、若手選手たちとのハードワークの結果を出した元パラグアイ代表のものとして強調されている。

 

「僕らベテラン選手たちは若手選手たちの模範となるために、99%ではなく常に100%でいなかればならないんだ。彼らもまた良いサッカーをしていて、チームをサポートしているよ。多くの下部組織出身選手たちが可能性を持っていて、良いサッカーをしているね。」と、付け加えた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170210150207j:plain


彼は、CFモンテレイとの偉大な試合を期待している。「ホームであろうがアウェイであろうが、チームは勝ちに行かなければならないんだ。チームはそのための準備は万端で、良い試合をしに行くためにモチベーションが上がっているね。」と、述べた。

 

「僕らは、良いサッカーをしてるよ。PUMASは偉大なクラブだから、ホームであろうがアウェイであろうが勝ちに行かなければならないんだ。モンテレイには、勝ち点3を取る自信を持って行くよ。」と、この水曜日に大学都市の第2グラウンドで行なわれたトレーニング後に語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170210150709j:plain

 

彼曰く、良好な結果はチームに存在する内部競争が生まなければならないということである。「僕はそれをとても価値があると見ているんだ。なぜなら、僕らはそのおかげで良いサッカーを出来ているからね。PUMASの選手たちは、良い選手が揃っているよ。」と、説明した。

 

勝利を掴むためにチームはさまざまなディテールを改善しなければならないことを意識しており、そうしてCFモンテレイと対戦することになる。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170210150143j:plain

 

「対PUMAS戦は、ビッグクラブにのし上がるためにすべての相手が勝ちたがるんだ。そのことは分かっていて、何も与えるつもりはないんだ。CFモンテレイはビッグクラブの1つであるけれど、監督が僕らに指示する通りにサッカーをすれば結果は付いてくるよ。」と、強調した。

 

 

クルス・アスルとPUMASは、FIFAインターナショナルマッチデーに再び親善試合を開催

f:id:ClaudioSuarez:20170207122740j:plain

 

メキシコ代表が3月24日(対コスタリカ代表=ホーム)と28日(対トリニダード・トバゴ代表=アウェイ)でそれぞれFIFAワールドカップ 北中米・カリブ海予選を戦う関係上、3月20日~30日はFIFAインターナショナルマッチデーとなっておりメキシコ1部リーグ戦が中断する。毎回恒例となっているが、試合勘を維持するためにクルス・アスルとPUMASは米国で親善試合を行う。


3月25日、テキサス州ダラスのフェア・パークにあるコットン・ボウルにおいて開催予定。試合開始時間は午後6時キックオフ予定。

 


昨年11月13日にも、クルス・アスルとSocioMXツアーの1戦として親善試合をリギージャ(プレーオフ)進出前のリーグ戦最終節の前に戦っている。その際にはPUMASがヘラルド・アルコバのゴールとのゴールキーパー:アルフレッド・サルディヴァルが相手のペナルティキックを止める活躍で1-0で勝利している。