Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

PUMASが親善試合において、1点差でクルス・アスルを制する

f:id:ClaudioSuarez:20161114220737j:plain

 

最終節に、そしておそらくはリギージャ(プレーオフ)に向けて、エンジンを温めるべく、PUMASが試合開始直後に生まれた得点のおかげで、アメリカ合衆国で行なわれた親善試合においてクルス・アスルを制した。クルス・アスルは、すでにトーナメントが終わっている順位に位置しているので、シーズン中出番の無かった選手たちを起用してチャンスを与えた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161114220949j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161114212344j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161114212203j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161114212044p:plain

 

前半9分、試合唯一の得点が生まれた。ヘラルド・アルコバがペナルティエリアでヘディングしたボールをエリック・トーレスが逸らしたボールがネットを揺らせた。前半は、このゴール後に感動的な場面はなかった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161114212556j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161114212216j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161115073302j:plain

 

後半開始直後、クルス・アスルはリチャード・ルイスのシュートであわや同点というところだったが、惜しくも外れた。PUMASは、続くプレーでアブラハム・ゴンザレスがペナルティエリア内で試みたが、スペースを無駄にシュートしたのみだった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161114225437j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161114212530j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161114212233j:plain

 

試合終了間際、クルス・アスルはクリスティアン・ヒメネスがサンティアゴ・ヒメネスがアルフレッド・サルディヴァルに倒されるPKという同点の機会を得たが、失敗しPUMASの勝利を許した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20161114220823j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161114212505j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20161114212422j:plain

 

こうして、PUMASは穏やかに失敗を避けるためには勝利が義務付けられたプエブラ遠征のトーナメント終了に辿り着くこととなった。一方、クルス・アスルは2部リーグ降格をしないために勝ち点を挙げるべく、土曜日にクラブ・レオンをホームで迎え撃つ。