Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

メキシコリーグ2017年前期ステージ 選手紹介(MF編)

f:id:ClaudioSuarez:20170718121633j:plain

 

6.ケヴィン・エスカミージャ(MF)

身長:179cm 体重:76.2kg

1994年2月21日生まれ(23歳)

デビュー:2012年7月25日

タイトル:なし

下部組織出身。2011年に17歳以下メキシコW杯や23歳以下トゥーロン国際大会に出場、2015年にはトロントで行なわれたパンアメリカン競技大会で銀メダルを獲得している。2シーズン前からスタメンで起用される試合も増え、ファン・フランシスコ・パレンシア監督が賭ける期待も高い。この世代ではTOPの実力者であると個人的にも思うし飛躍して欲しい選手であったが、昨シーズンのプレーぶりを見る限り今シーズンも同じようなレベルであれば、もう後がないと思ったほうが良いだろう。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170718121650j:plain

 

8.ダヴィッド・カブレラ(MF)

身長:179cm 体重:76kg

1989年9月7日生まれ(27歳)

デビュー:2008年8月24日

2008~2016年PUMAS、2016~2017年モナルカス・モレリア(レンタル移籍・14試合出場1得点)

タイトル:2009年後期・2011年後期

今季より他チームへ移籍したハヴィエル・コルテスと同期の下部組織出身で、デビュー戦も奇しくも同じ対パチューカ戦(3-1で勝利、後半45分に交代出場)。左サイドからのコーナーキッカーで、ミドルシュートも得意。2013年シーズンに1年間を棒に振る大怪我をしてしまい、翌年半ばから漸くチームへ復帰。2シーズン前のメキシコ杯対タパチュラ戦で肋骨を骨折し休養を余儀なくされたが、シーズン後半には無事復帰。昨シーズンはレンタル移籍でモナルカス・モレリアでプレーをし、そのキャリアの集大成を今シーズンは見せてほしいところ。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170718121710j:plain

 

8.パブロ・バレーラ(MF)

身長:178cm 体重:73.7kg

1987年6月21日生まれ(30歳)

デビュー:2005年

タイトル:2009年後期ステージ(PUMAS)2013年後期メキシコ杯(クルス・アスル)2013-14年CONCACAFチャンピオンズリーグ(クルス・アスル)

国籍:メキシコ

ニックネーム:ダイナマイト

2005年にTOPチームデビュー。足の速さを活かした突破や質の高いクロスが持ち味で、2008年7月に左ひざを負傷して半年間を棒に振ったものの、2009年1月初めに復帰し、クルブ・ネカクサ戦では早くもゴールを決め、決勝のCFパチューカ戦では後半ロスタイムに決勝ゴールを決め、後期ステージ優勝の立役者の一人となった。2010年7月にプレミアリーグのウェストハム・ユナイテッドFCに移籍した後、メキシコへ帰国。クルス・アスル(49試合で4ゴール)、モンテレイへ移籍(38試合で4ゴール)した後にスタメンでのプレー機会を求めて再びPUMASへ。往年のレベルには程遠いものの、時折見せるプレーにはやはり流石と思わせるし要所での得点も多い。ただし昨シーズンに足の手術を行い、今シーズンピッチに戻れることはない見通し。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170718121730j:plain

 

10.アブラハム・ゴンサレス(MF)

身長:175cm 体重:79.6kg

1985年7月16日生まれ(31歳)

デビュー:2004年

2004~2007年テッラーサFC(現スペイン4部)、2007~2008年9月FCバルセロナB、2008年10月~2009年FCバルセロナ、2009~2010年カディスCF(現スペイン3部)、2010~2011年ジムナスティック・タラゴナ、SDポンフェラディーナ(現スペイン2部)、2011~2013年ADアルコルコン(現スペイン2部)、2013~2016年RCDエスパニョール(現スペイン1部)

タイトル:2009年スペイン1部リーグ、国王杯(バルセロナ)

国籍:スペイン

ニックネーム:ロシア人

スペイン下部リーグでデビューして一時期バルサに居たものの再び下部リーグを転々とした後、近年は前日本代表監督であったハヴィエル・アギーレが率いたRCDエスパニョールで10番を張っていたベテラン。2シーズン前から補強選手として加入して中で一番内容が良く、昨シーズンも引き続きその活躍が期待された選手の1人であったが思うようなプレーは出来ておらず、今シーズンのプレー続行を危惧されていたが引き続き中盤を任された。本人もメキシコ1部リーグへ移籍できたことを喜んでおり、その成果を今シーズンこそは見せて欲しい。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170718121751j:plain

 

11.ブライアン・マルティン・ラベージョ・メージャ(MF)

身長:167cm 体重:70.0kg

1994年5月16日生まれ(22歳)

デビュー:2009年

タイトル:2009年後期ステージ(CSDコロコロ)

国籍:チリ

ニックネーム:天才、宝石

2006~2012年CSDコロコロ、2012~2013年セビージャFC、2014年デポルティーボ・ラ・コルーニャ、FCルツェルン(スイス)、2015年CDレガネス、サントス・ラグナ

チリ代表にも召集されるほどの実力を持つ半面、精神的な弱さを兼ね備える悩めるMF。結果的にヨーロッパ移籍が時期尚早であったとも言われるが、CSDコロコロの象徴であるマティアス・フェルナンデスの後継として比較されるくらい隠された才能が開花すれば、昨シーズンにレンタル移籍を決断したホセ・マヌエル・デラ・トーレ元メキシコ代表監督を後悔させるようなプレーを時おり見せた。引き続き今シーズンも、中盤を支える要として機能して欲しい。

 



22.アラン・アコスタ(MF)

身長:173cm 体重:73.5kg

1996年12月19日生まれ(21歳)

デビュー:2015年8月5日

タイトル:なし

下部組織出身。メキシコ杯 2015年前期 第2節 Alebrijes 1-1 UNAM戦でプロデビュー、メキシコリーグ2015年前期 第4節 UNAM 5-0 Atlas戦で1部リーグデビューをそれぞれ飾る。後者ではフィデル・マルティネスのダメ押し弾を右サイドからアシストした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170718121926j:plain

 

29.ネストル・カルデロン(MF)

身長:174cm 体重:70.0kg

1989年2月14日生まれ(28歳)

デビュー:2008年

タイトル:2008年前期ステージ、2010年リーグ200周年(後期ステージ・共にデポルティーボ・トルーカFC)、2014年メキシコ杯、2015年後期ステージ&チャンピオン決定戦(共にサントス・ラグナ)、2016年メキシコ・スーパーカップ、2017年メキシコ杯、2017年後期ステージ(共にCDグアダラハラ)

ニックネーム:飛行機

2008~2012年デポルティーボ・トルーカFC、2012年CFパチューカ、2012~2016年サントス・ラグナ、2016~2017年CDグアダラハラ

1998年~2010年に渡る近年のデポルティーボ・トルーカFC黄金期にデビュー。1部リーグ新人王に輝くと同時に、その栄光の一翼を担った(60試合12得点)。その後CFパチューカを経て、当時6シーズン中5回プレーオフ決勝へ進出していたサントス・ラグナへ移籍。移籍後にクラブ史上5度目のタイトルを獲得。さらには昨シーズン移籍したばかりのCDグアダラハラにおいて、再びメキシコ杯とクラブ・アメリカと並ぶリーグ最多の12回目の優勝を成し遂げた、まさに優勝請負人である。2015年後期ステージにはメキシコ1部リーグベストイレブンに選出され、今サッカー選手として旬を迎えている。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170718121947j:plain

 

33.マウロ・アベル・フォルミカ(MF)

身長:178cm 体重:64.0kg

1988年4月4日生まれ(29歳)

デビュー:2006年

タイトル:2014年CONCACAFチャンピオンズリーグ(クルス・アスル)

国籍:アルゼンチン・イタリア

ニックネーム:猫

2006~2011年ニューウェルズ・オールドボーイズ、2011~2013年ブラックバーン・ローヴァーズFC、2013年USチッタ・ディ・パレルモ、2013~2016年クルス・アスル、2016~2017年ニューウェルズ・オールドボーイズ

アルゼンチン1部リーグでデビューすると、72試合で17得点をマーク。その後、セリエAのジェノヴァの管理下に置かれつつガラタサライ、レッドスター・ベオグラードやモナコASなどのクラブで争奪戦となり、最終的にプレミアリーグのブラックバーンへ移籍。49試合出場して、5得点を挙げた。その後セリエAのパレルモを経て、メキシコ1部リーグのクルス・アスルへ。59試合で8ゴールをマークした。契約期限が切れた後は古巣のアルゼンチンへ戻っていたが、今シーズンよりPUMASで2度目のメキシコ1部リーグでプレーをすることに。