Pumas de la UNAM

メキシコサッカー1部リーグのクラブ・ウニベルシダ・ナシオナルを応援している日本人の備忘録

チリ代表DF:マルセロ・ディアス、PUMASの補強選手として加入

f:id:ClaudioSuarez:20170818131621j:plain

マルセロ・アルフォンソ・ディアス・ロハス (DF)

身長:166cm 体重:63kg

1986年12月30日生まれ(30歳)

デビュー:2005年

タイトル:2009年前期ステージ、2011年前・後期ステージ、2012年前期ステージ、2011年コパ・スダメリカーナ(ウニベルシダ・デ・チレ)、2012-13&2013-14スイススーパーリーグ、2013年ウーレンカップ(FCバーゼル)

国籍:チリ

2009~2012年ウニベルシダ・デ・チレ、2012~2014年FCバーゼル(スイス)、2015~2016年ハンブルガーSV、2016年~セルタ・デ・ビゴ

ウニベルシダ・チリ下部組織出身のMF。ボランチを中心に攻撃的MF、サイドバックもこなした経験がある。


パスのスキルや技術力に優れるゲームメイカーで、身長は小柄で顔立ちやプレースタイル含めて似通った要素があることから“南米大陸のシャビ”の異名を持つ。ウニベルシダ・チリ時代にはフリーキックからペナルティーキックなどほとんどすべてを担当していた。2005年にチリアンダー20代表経験を持ち、2011年11月にA代表初招集を果たすと2014ワールドカップ予選ではチームの主力となり、2015・16年のコパ・アメリカ連覇にも貢献した(2015年はベストイレブンにも選出)。


14/15シーズン途中にハンブルガーへ移籍。チームは降格圏に沈み、プレーオフへ回ることとなったが、ディアスはその第2戦の終了間際に劇的な同点弾を決めた。チームは延長の末に山田大記が所属するカールスルーエを退けている。

 


Marcelo Díaz ▷ Skills & Goals // 2013-14

ホセカルロス・ヴァンランキン:アウェイでティグレスを倒せるということを示さなければならない

f:id:ClaudioSuarez:20170816103249j:plain

 

日曜日の対ロボス・デ・ラ・BUAP戦の勝利はPUMASにとって沢山の勇気を与え、すでに次節のU.A.N.L戦へ向けてハードトレーニングを開始した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170816103312j:plain

 

「自信を取り戻すために、重要な結果だったね。能力があるチームだというメンタリティーを持つべきなんだ。そして今、アウェイでティグレスを倒せるということを示さなければならないよ。」と、ホセカルロス・ヴァンランキンは火曜日に行われた下部組織施設でのトレーニング後に語った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170816103401j:plain

 

日曜日の試合にPUMASは7人のユース出身選手がスタメンで先発し、その後1人交代出場し、ゴールキーパーを含む全守備陣が下部組織出身選手だった。それが彼の強調し、感謝する状況である。「ユース出身選手がPUMASに戻ってくることは、非常に重要なんだ。僕らの首脳陣は、こういったサポートを常に我々下部組織出身選手に対して行ってくれているんだ。」と、コメントした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170816103345j:plain

 

そのユース出身選手とホセカルロス・ヴァンランキン、そしてそのチームメイトらは
ウニベルシタリオ・スタジアムにおける対ティグレス戦に挑む。「いばらの道のりだね。非常に激しい試合になるだろうけれども、この試合に勝つつもりで臨むんだ。非常に厳しい相手だけれども、より重要なことは僕らが良い状態で遠征すること。そして守備的な秩序を改善しつつ、攻撃的なチームになりつつあることなんだ。」と、説明した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170816103420j:plain

 

メキシコリーグ2017年前期 第4節 UNAM 2-0 Lobos BUAP

f:id:ClaudioSuarez:20170814150547j:plain

 

PUMASは、2-0でロボス・デ・ラ・BUAPを破る

 

f:id:ClaudioSuarez:20170814152338j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170814150637j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170814152156j:plain

  

2得点のニコラス・カスティージョは、総得点4でリーグ得点王ランキングTOPへ

 

f:id:ClaudioSuarez:20170815113443j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170815113420j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170814211539j:plain

 

 

PUMASはこの日曜日大学都市で行われたメキシコ1部リーグ第4節の試合において、ニコラス・カスティージョの2得点で2-0とロボス・デ・ラ・BUAPを破った。「ニコラス・カスティージョはプレーを締め括ったが、誰もヘラルド・アルコバがプレーをしなかったことについて言及しないね。守備陣の青年たち、ゴールキーパーと4バック、そしてサイドバックは全てユース出身選手なんだ。このことによって多くのメリットを与える必要があって、ロボス・デ・ラ・BUAPの攻撃にとても良く対抗したよ。良いゲームが出来て、その甲斐があった。私は全ての選手たちについて大変満足しているし、その出来が結果を出したんだ。」と、ファン・フランシスコ・パレンシア監督は述べた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170814152502j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170814152527j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170814152556j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170815113732j:plain

 

無得点のドローで終わった前半であったが、ボール支配率は高かった。PUMASイレブンは後半3分、その努力が報われるシーンがやって来る。ホフレ・ゲロンが右サイドで均衡を崩し、ボレーシュートを決めたニコラス・カスティージョへセンタリングを上げて先制した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170814152622j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170814152645j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170814152711j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170814152735j:plain

 

後半には交代で入ったケヴィン・エスカミージャが、ペナルティーエリア内でカルロス・モラレスのミスを誘発し、ペナルティキックを得た。ニコラス・カスティージョがゴールキーパーの左側のゴールネットを揺らして試合のダメ押し弾を決めた。

この2得点により、総得点数4によりリーグ得点王争いの首位に立った。PUMASは、ホームゲームで2戦2勝とし、勝ち点6とした。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170814152837j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170814152816j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170815113515j:plain


スタメン:

PUMAS:1-アルフレッド・サルディヴァル、2-ホセカルロス・ヴァンランキン、18-アントニオ・ガルシア、10-アブラハム・ゴンザレス、29-ネストル・カルデロン(前半30分、9-ホフレ・ゲロン:後半41分、22-アラン・アコスタ)、14-ブライアン・フィゲロア(後半26分、6-ケヴィン・エスカミージャ)、11-ブライアン・ラベージョ、30-ニコラス・カスティージョ、監督:ファン・フランシスコ・パレンシア

 

f:id:ClaudioSuarez:20170815113654j:plain

 

ロボス・デ・ラ・BUAP:31-フランシスコ・カナレス、17-ルイス・アドビンクラ、2-セサル・セルカド、3-フランシスコ・ロドリゲス(後半12分、11-アルフォンソ・タマイ)、12-エリベルト・オルベラ、21-エドゥアルド・テルセロ、26-ファン・カルロス・メディナ(後半1分、28-カルロス・モラレス)、18-ペドロ・アキーノ、10-ルイス・キニョネス、7-アマウリ・エスコト、9-ディエゴ・ヒメネス(後半12分、32-ジョナサン・ファブロ)、監督:ラファエル・プエンテ・デルリオ

 

主審:オスカル・マシアス・ロモ、副審:ミゲル・アンヘル・エルナンデス、ミチェル・アレハンドロ・モラレス、第4審:アンヘル・モンロイ

警告:PUMAS 前半32分 ブライアン・フィゲロア、ロボス・デ・ラ・BUAP 後半5分 セサル・セルカド、33分 ジョナサン・ファブロ、35分 ペドロ・アキーノ、45分 フランシスコ・カナレス

退場:ロボス・デ・ラ・BUAP 後半43分 ペドロ・アキーノ

 

メキシコリーグ2017年前期 第4節 UNAM - Lobos BUAP プレビュー

f:id:ClaudioSuarez:20170812104804j:plain

 

アルフレッド・サルディヴァルは、フランシスコ・パレンシア監督の擁護をする

 

f:id:ClaudioSuarez:20170812104825j:plain

 

PUMASのサポーターは、それまでに出している貧弱な結果に対してフランシスコ・パレンシア監督の更迭を注文し始めた。GKアルフレッド・サルディヴァルはその擁護に出て剛直でなにものにも臆せず、より責任があるのは彼ら選手たちであり監督の出した結果ではなく、そして今日曜日のホームゲームでは何かを示さなければならないと自らの信念に従ってありのままに主張した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170812104840j:plain

 

「チームの中にいるのは我々であり、結果を出さなければならないのも我々なんだ。いつも監督の責任にしたりそう話すことは最も安易だけど、それをサポートしなければならないのは我々選手たちであり、もう日曜日には結果を出さなければならないということに集中しているんだ。何が何でも勝たなければならないよ。」と、述べた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170812104852j:plain

 

ヘラルド・アルコバの負傷による約1か月の戦線離脱は、サルディヴァルの意見によるとアルコバの抜けた穴はすでに才能がある下部組織出身選手たちで埋められるということだ。「彼の抜けた穴は慎重に扱うべきだけど、下部組織出身選手たちは良いプレーが出来るし僕ら選手たちもコーチ陣も共に同じ意見なんだ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20170812104906j:plain

 

対戦するCFロボス(プエブラ自治大学)は現在リーグ首位を走っており、サルディヴァルはサポーターに今シーズンこれまで借りがあるホームゲームで悪い結果を出すことは許されないと考えている。「ホームゲームで結果を出してこれなかったことでサポーターには迷惑をおかけしていることは我々にとって好ましくないし、全ての試合で応援してくれていることは知っている。彼らのためにも、上位へ戻って首位争いをするためにも、もうこれ以上負けられないんだ。」

 

メキシコ杯 2017年前期 第3節 UNAM 1-1 Monterrey

f:id:ClaudioSuarez:20170810135748j:plain

 

PUMASがロスタイムでドローに持ち込み、パレンシア監督は息を吹き返した

 

f:id:ClaudioSuarez:20170810140400j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170810140428j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170810140440j:plain

 

オリンピック・スタジアムでホルヘ・ベニテスがモンテレイに先制点をもたらし、ヘスス・ガジャルドが同点弾を決めた

 

f:id:ClaudioSuarez:20170810140807j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170810141508j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170810140736j:plain

 

メキシコ杯におけるPUMASの争いはヘスス・ガジャルドのロスタイムにおけるターンシュートでファン・フランシスコ・パレンシア監督は生き返り、ドローを得たことで維持された

 

f:id:ClaudioSuarez:20170810140835j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170810141602j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170810141622j:plain

 

この夜PUMASは勝利の味がするドローを挙げ、モンテレイはほろ苦い味の勝ち点1を持ち帰った。何故ならば3,4点は決められていたも同然の試合内容だったので、もう少しでプラス勝ち点2を挙げれたからである。しかしながら作り出した危険な場面で決め切れず、その状況はロスタイム1分に高価な代償を払うことになった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170810141644j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170810141701j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170810140856j:plain

 

ホームチームは90分間押されまくり、ホルヘ・ベニテスの先制点以前にPUMASゴールを脅かす明らかなチャンスが2度あった。前半27分、ダヴィッド・カブレラの中盤におけるパスミスの後にベルナベ・マガーニャがロングシュートを抑えきれないというダブルエラーを利用して、ホルヘ・ベニテスがアウェイチームの先制点を決めた。ボールはホームチームのゴールキーパーの両手の間をすり抜けてゴールネット奥に転がり、大学都市の電光掲示板に0-1という表示をさせた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170810141726j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170810141743j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170810141801j:plain

 

後半開始直後の5分間、PUMASはモンテレイゴールを脅かすシーンを作ったが、ブライアン・フィゲロアの放ったシュートはファン・パブロ・カリッソの側をすり抜けていった。その後モンテレイは、ゴールゲッター:ニコラス・カスティージョを投入したPUMASからボールを奪い主導権を握った。モハメッド監督はアヴィレス・ウルタードを投入し、カウンターアタックによる攻撃で試合を決めに行ったが、攻撃陣のスイッチが入らずゴールを奪うことは出来なかった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170810141118j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170810141129j:plain

ダヴィッド・カブレラのレフェリーに対する暴言行為による退場処分で10人となったPUMASは、時計が90分を回った直後コーナーキックからペナルティーエリア内でフリーになっていたヘスス・ガジャルドによる左足のターンシュートの得点によって同点に追いつき、フランシスコ・パレンシア監督の溜飲を下げさせた。

 

h

メキシコリーグ2017年前期 第3節 América 2-1 UNAM

f:id:ClaudioSuarez:20170806213201j:plain

 

クラブ・アメリカは、PUMASとパレンシアの悪夢

 

f:id:ClaudioSuarez:20170806213230j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806213245j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806213316j:plain

 

クラブ・アメリカは追いかける展開となって、暫定的なドローに耐えPKまでも失敗し、後半になって勝ち越し・・・PUMASに対し主導権を握るのは、すでに伝統的になりつつある

 

f:id:ClaudioSuarez:20170806213415j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806213123j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806220743j:plain

 

PUMASが勝利を挙げる幸運を掴みそうになった時、もしくは対クラブ・アメリカ戦で試合の大半を優勢に進め最低でもドローを得ようとした時、全てにおいて運がなく攻撃的なプッシュに耐えるためのパラメーターを欠いていた。自らの集中力不足による2度目のPKを決められ、2-1とされたのである。知的なコンビネーションによるヘディングシュートを決めたニコラス・カスティージョによるPUMASの得点の後に、コーナーキックからのハンドによるPKをホームゲームであったクラブ・アメリカに勝ち越された。クラブ・アメリカの得点者は、オリベ・ペラルタとセシリオ・ドミンゲスであった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170806213813j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806213821j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806213832j:plain

 

試合はミゲル・エレラ監督率いるクラブ・アメリカが、試合開始直後からエンジン全開でボール支配をした。PUMASの最初の明確なチャンスは、ニコラス・カスティージョの軽く逸れたシュートだった。相手陣内で放ったオーバヘッドキックは威力が籠っていなかったが、観客席のサポーターに期待を抱かせた。ダーウィン・キンテロとセシリオ・ドミンゲスのコンビネーションで、クラブ・アメリカはすぐさま応酬した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170806213911j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806213924j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806213947j:plain

 

前半15分、マウロ・フォルミカが犯したファールの後にリードを奪おうとしたセシリオ・ドミンゲスによる差し迫った危険をストップした。両チームの監督が選手たちに、ピッチで感知したことを完璧な指示を与えた。クラブ・アメリカはすでにゴールラインに達しPUMASのサプライズに主導権を握ろうとする試みを乗り越えつつあった。主審のジャイール・ミランダは、前半の20分間で6選手にイエローカードを示していた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170806213553j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806213610j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806213625j:plain

 

そして前半21分、PUMAS守備陣のほんの少しの隙を突いたダーウィン・キンテロによるスルーパスを受けたオリベ・ペラルタが先制点を挙げた。この得点以前にすでにパレンシア監督の陣容は忠実に指示に従わず、全てにおいて反撃をする力を削がれていた。その賭けは困難や危険な状況に直面して勇気と不屈の精神であったが、ほんの少しの時間しか持たなかった。クラブ・アメリカは最高の攻撃陣を披露し、ライバルに対してついに勝ち越した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170806214428j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806214216j:plain

 

f:id:ClaudioSuarez:20170806220817j:plain

 

PUMASの反撃は前半33分、彼らにとって実を結ばないようにも見えたプレーだった。ネストル・カルデロンはゴールラインに達しシュートを打てる味方を探したところ、マウロ・フォルミカただ1人であった。そして正確なタッチでゴールへ向かってニコラス・カスティージョへパスをし、ホームゲーム以外で初めてヘディングシュートを決めたのであった。PUMASはまるでリードをして前半を終えようとした時、ハーフタイム直前の45分アルフレッド・サルディヴァルはペナルティキックを止めた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170806214312j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806214024j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806214035j:plain

 

PUMASの反撃は未だ同点でありペナルティキック失敗というクラブ・アメリカ攻撃陣のミスがあったにもかかわらず、後半は前半と全く違うぼやけた勝ち越すには程遠いチームのようであった。相手チームにジレンマを与え、奥深く危険な場面を作り出した。相手より冷静に、PUMASはその憎らしいライバルを倒す適切なタイミングであると分かっていた。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170806214204j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170807092506j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170807092350j:plain

 

PUMASが優勢であった後半20分、アグスティン・マルチェシンが勝ち越し弾を防いだ時、ミゲル・エレラはレナト・イバーラを交代投入し相手チームに対して新たな攻勢を掛けた。その5分後には、ニコラス・カスティージョのシュートが惜しくもゴールを逸れた。PUMASはフォルミカに代わってホフレ・ゲロンまで投入し、攻撃陣の切り札としてすぐさま効果を上げることを期待した。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170806214129j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806214110j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170806214119j:plain

 

そしてその瞬間、全てが変わってしまった。ニコラス・カスティージョがピッチでまるで映画のヒーローになろうとした時、逆に悪役となってしまった。何の変哲もないコーナーキックにペナルティーエリア内で手を挙げてボールがその指に当たってしまったのだ。主審はペナルティキックの判定をし、今回はその前に外したシルヴィオ・ロメロに代わってセシリオ・ドミンゲスが決めて、その最もアンチが多いライバルチームの1つに対して勝利をその手中に収めた。PUMASにとっては、悪夢のような試合であった。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170806214506j:plain

f:id:ClaudioSuarez:20170807092451j:plain

メキシコリーグ2017年前期 第3節 América - UNAM プレビュー

f:id:ClaudioSuarez:20170804125851j:plain

 

ヘラルド・アルコバ:オリンピック・スタジアムより、アステカスタジアムでの首都ダービーを楽しむ

 

f:id:ClaudioSuarez:20170804125922j:plain

 

土曜日の夜に行われる対クラブ・アメリカ戦にあたって、ヘラルド・アルコバはサポーターはいつも共にいるのに加えてアステカ・スタジアムという素晴らしい環境・アウェイグラウンドではあるものの勝利の可能性が残されているので、何の不利も感じないと述べた。

「アステカ・スタジアムでの対クラブ・アメリカ戦はとても特別であって、最も好きな試合の1つなんだ。サポーターはいつも応援してくれる。だからオリンピック・スタジアムよりもアステカ・スタジアムでの首都ダービーが好きで、とても美しい対戦だよ。当たり前だけどこれはただの1試合であって、家族連れがスタジアムに戻ってきてねといういつもメッセージいつも通り送るよ。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20170804125947j:plain

 

彼は対クラブ・アメリカ戦におけるライバル関係や両チームの歴史の全てが存在するので、その感動を隠し切れない。

「とても好きな試合であって、アステカ・スタジアムでアウェイチームとしてプレーをするのが好きなんだ。そして、勝てれば素晴らしいものになるね。」と、付け加えた。

 

PUMASにとってアウェイゲームで勝つことは大変難しいものになっていて、今はアステカ・スタジアムで勝ち点を上げる義務は存在せず、対する重要なライバルに良い印象を残すことだと述べた。

「この試合が意味するものとアウェイゲームに勝つという意味では、常にこの試合に勝つ必要性はあるよ。こういうレベルの試合に負けるときはとても辛いし、1週間中にその話題で語られる。それは、そんなに容易いものではないんだ。」と、言った。

 

f:id:ClaudioSuarez:20170804130011j:plain

 

ヘラルド・アルコバは、PUMASについてガストン・シルヴァと話した

 

PUMASに入団予定であった補強選手:ガストン・シルヴァは、ヘラルド・アルコバにとって母国が同じであるので、彼もまた行方を追っていた。そして今日、少なくとも会話を出来た内容を振り返った。彼に対して常にクラブのポジティブなことを語ったが、その後は再び会話をすることが無かった。

「チームに合流することが出来る同胞として、会話をしたんだ。ポジティブなことしか話さなかったんだ。少なくとも、仕事場としてクラブにおいてネガティブなことは何もないってね。判断はとても個人的なものだったので、それについて語るのは非常に失礼になるだろう。彼にはクラブについて話したけど、そしてその後2度と話すことなかった。」

 

f:id:ClaudioSuarez:20170804173634j:plain

 

彼はシルヴァのPUMASからのオファーを棄却する理由は知らないが、クラブの内部的に解決すべき問題であるのでどんな論争も放置するよう求めた。

「何が起きたか?については話さないよ。僕にとって話すことは好ましいけど、何が起きたか?知らないんだ。だから彼と、またクラブと話すことだけが残っている。そうすれば、何が起きたか?知ることや話すことが出来るね。でも、この話題はもう止めにしよう。何かが起きて、それだけが独り歩きしているからね。」と、述べた。